あわびウェアについて


Awabi ware 受け継ぐ器

いまから少し先、子供たちが大人になった時の食卓を想像します。
それは、長く使ってもらえる器を作りたいと思うからです。

どこかの時代の温かい食卓に、あわびウェアが使われているとすれば、
それはとても素敵なことです。

岡本純一




あわびウェアとは


受け継ぐ器をコンセプトに、日用食器を制作しています。淡路島の美しさと書いて「あわび」、あわびウェアの「ウェア」には製品という意味があります。江戸後期から明治期に栄えた珉平焼(淡路焼)の制作スタイルに学びながら、生活道具としての器をつくっています。



作家プロフィール


岡本 純一

2002 柳宗悦「民藝論」に出会う。その後、各地の民藝館、窯場を巡る。

2004 武蔵野美術大学大学院修了、彫刻と美術教育を専攻。その後、同大学助手、非常勤講師として美術教育に携わる。

2010 故郷である淡路島に移住し、農的生活の傍ら、古物に学びながら独学で器を作り始める。

2012 「Awabi ware」を屋号に掲げる。受け継ぐ器をコンセプトとして、日用食器をつくる。



   

あわびウェアについて